主な栽培品種

徳佐りんごの魅力
美味しい、様々な品種や希少な品種があります。

7月下旬

まとう

徳佐リンゴの中で最も早い極早生(ごくわせ)「まとう」(「南部魁」と書きます)。さわやかな酸味のある昔ながらのりんごの味です。収量が少なく、収穫時期が1週間程度であるために、なかなかご覧になられることが少ないものです。

8月

つがる

早生種で、徳佐では全国より一足早く、8月に収穫が始まります。 果汁が豊富で甘みが強い品種です。

9月

10月